個人再生は保証人に親族に依頼しなければ影響はない

サイトマップ

トップバナー

個人再生は親族に影響があるのか?

親族や保証人に迷惑をかけてしまうのか?

よくある話で、大きな借金をもってしまい、親族や保証人に迷惑をかけて しまった、というのはよく聞きます。当然、金銭のトラブルとなると人との関係もでてきます。 それを心配して、親族や友人に借金のことを隠している人も多いはずです。

では、個人再生手続きをしたら、親族は保証人に迷惑をかけてしまうのかというと、 それは違います。個人再生では親族や保証人には全く迷惑がかからないのです。 個人再生手続き行っても、親族が連帯保証人や連帯債務者になっていいる場合を除き、 上記の人達には支払義務はないのです。

保証人や親族に影響がでることはない

また、住宅ローン特則を利用した再生計画が承認されている場合、住宅 資金特別条項についても、連帯債務者や連帯保証人に関しても効力が届くので 上記の方々に害を与えることは全くありません。元々の借金の形にもよりけりですが、 原則、個人再生が理由で保証人や親族に影響がでることはない、ということを しっかり知っておきましょう。

家族に内緒で個人再生は受けられるのか?

個人再生など借金に関係する制度に申請するのは、誰もが抵抗感があるはずです。 特に家族に個人再生のことを話すのに抵抗がある人は多いはずです。 では、現実に家族に内緒で個人再生手続きはできるのか、と言われると 実は家族に秘密で個人再生をすることは可能です。 ただ、同居している家族がいる場合は事情を説明しておいた方がよいでしょう。

個人再生を申立てても、裁判所から直接家族に連絡がくることはありえません。 ですので、家族と別に暮らしているのなら、ばれることはないはずです。 ただ、同居をしている場合、裁判所から申立書に添付する必要のある書類で、 同居家族の収入を証明するものなどを要求されることがあるのです。

ポイントイラスト どんな効果がある?
夫婦イメージ

また、もちろん裁判所から債務者宛に郵便がくるので、同居家族に 秘密で個人再生手続が可能か、というとかなり難しいのではないでしょうか。 ですので、無理に秘密にして、後にバレるより、ちゃんと前もって伝えておくことで、 家族からも協力してもらえるのが一番良いかと思います。

借金の話は間違いなく親族には言いにくいことですよね。 ただ、だからこそ大切な家族には秘密にせずに、しっかり説明しておくべきかもしれません。 話をしてケンカしたり険悪な関係になる可能性がないとは言えません。 でも、信用している家族であれば、きっと助けれくれるはずですよ。 お金の問題になるととくに言いにくいという気持ちはわかりますが、やはり家族が一番信頼できるのです。 頼むことは本当に恥ずかしいことだと思いますが、人生の再出発のため、ここは踏ん張りましょう。 後悔して恥ずかしい思いをすることで、もう繰り返さない、と自分への戒めにもなるのです。

個人再生と行政書士の基礎知識