自分一人で出来ずプロへの依頼が大切になります

サイトマップ

トップバナー

自分一人で出来るのか?

個人再生は債務整理に関する中で一番難しい

個人再生をする人のほとんどが行政書士や弁護士に依頼します。ただ、弁護士や行政書士に依頼すれば費用が高くなるのも当然です。それをなんとか自分一人で申請出来ないかと思う人も多いのですが、個人再生をするなら、出費は諦めて、行政書士や弁護士などプロに頼るべきです。

個人再生は債務整理に関する中で一番難しいものなので、行政書士に依頼した方がベストなのです。ただ、債務者が自分で個人再生を行うことが禁止されているわけではないので、プロに依頼する費用がどうしてもない場合は、自分で個人再生を申請することも一応はできます。

素人の手でなくプロに依頼することが大事

ただ、先の通り、申立てにはほぼ行政書士などの人が依頼されて申立てを行っています。上のとおり、どうしても無理な場合の人以外は行政書士や弁護士などプロに依頼するのが特なのです。

手続きの方法を間違って個人再生の申請を初めからやりなおしになったり、申請の方法を調査している時間を考えたら、行政書士や弁護士に依頼した方が安かったということもよくあるのです。個人再生というのは人生の中でも重要な手続きです。それだけ重要なことなので、素人の手でなくプロに依頼することが大事なのです。

弁護士や司法書士に依頼するメリット・デメリット

メリットデメリットを考える人

行政書士に個人再生における小規模個人再生及び給与所得者等再生の手続きをお願する一番のメリットは、受任通知が発行され、債権者からの請求がなくなることがあります。これは貸金業法第21条第9号にも明記されています。また、難しい対応や、必要書類の準備などの時間短縮も大きなメリットです。

デメリットをあげると、債務整理手続きの難しさや債務者の状況、債務金額により額の差はあっても、報酬が大きいことがあります。債務者の今の状況や債務金額、債務整理手続きの難しさ次第で、債務整理に必要な時間や費用は大きく変わります。

ただ個人再生だけでなく、任意整理、特定調停、自己破産のどれもが 利用するとブラックリストに絶対に載りますので、この点では個人再生も 他と同じです。

ポイントイラスト 迷っているなら、まず行政書士などのプロに相談を

費用も大きく差があるので、費用を抑えたいのなら自分で行うことが当然大きく増えますし、自分の作業を減らせば費用は高くつきます。しつこいようですが、個人再生は手続きの期間や難しさ、適用要件など色々加味すると一番難しい手続きなのです。

個人再生で迷っているなら、まず行政書士などのプロに相談しましょう。まずは相談し、全く知らない世界の 個人再生をある程度知ることが可能です。やはりメリットやデメリットは当然あって当たり前ですが、プロにを頼 るのが一番です。そして個人再生をするのか、他の手段を取るのか、をしっかりと話し合ってあなたの将 来を決めましょう。相手の口車にのって、相手の利益になるような方法をとってしまうと最悪ですので、ある程度 個人学習も必要です。

個人再生と行政書士の基礎知識