個人再生の復習には資格が必要ない

サイトマップ

トップバナー

個人再生の復習

この不景気の時代、たくさんの人々が金銭に関する問題を持っています。

人によっては多額の借金で自己破産を考慮している人もいるはずです。 間違いなく、自己破産は借金の救済制度の一つの選択肢なのは間違いありません。ただ、今、自己破産の他にも借金救済制度があることを知っているでしょうか?

それは、正式には個人債務者再生手続き、通称は「個人再生手続き」と呼ばれる2001年4月1日に始まった新しい制度なのです。新しいのですが、多数の方々に最近知られているのがこの制度になります。

個人再生手続きは新しい制度

この手続きは例を挙げると、個人で500万円の借金を抱える人が、収入に応じて払える額、例えば3年間で何百万と返済する計画を作り、その再生プランを裁判所に認めてもらって、3年間で本当にその再生プランし従って返済が完了したら、残りの300万円が免除されるという制度です。簡単にいうと、3年間ちゃんと返済できれば残った借金がなくなってしまう、という制度です。

ちなみにこの個人再生手続きは、住宅ローン等を除外した債務総額が5000万円より下の個人債務者で、将来に安定した収入を見 込まれている人が活用することができる制度です。ちゃんとした収入があれば、借金を一部免除してもら える個人再生は、非常に興味をもつ制度ですね。 この制度を知っているだけでも困ったときにずいぶん役立ちますよ。

自己破産とデメリットを比べると?

考える男性

個人再生は、よく自己破産と比較される制度です。 個人再生に良い点や悪い点があるのと同様に、自己破産にも良い点、悪い点があります。 どちらの方がデメリットが少ないのでしょうか?

答えは、個人再生のほうが自己破産よりデメリットは少ないのです。 もう一度、個人再生のデメリットをみてみましょう。個人再生をした場合、 約5~10年間はブラックリストに載ります。

ただ個人再生だけでなく、任意整理、特定調停、自己破産のどれもが 利用するとブラックリストに絶対に載りますので、この点では個人再生も 他と同じです。

ポイントイラスト 自己破産と違い資格制限がない!

ただ、自己破産と違い資格制限がないので、個人再生の大きなメリットです。 個人再生は自己破産などに比べ、手続きに一番手間がかかりますのでデメリット と言えますが、資格制限がない、というのは大きなメリットです。

ただ、個人再生をする場合、行政書士などに手続きをお願いするしなければ なりません。これは手続きが難しいので、個人では到底行えない作業だからです。 また、行政書士への費用は高いのも現実です。

申請までの難しさ、費用など個人再生や自己破産を含めどれにもデメリットはあります。 ただ、それ以上に個人再生には他制度にはないメリットも上記以外にもたくさんあります。 上記の制度を一通りチェックして、自分にあったものを選ぶようにしましょうね。自分にどれでも合う、というわけではありません。どれが 自分にとって一番良いのかを考えましょう。

個人再生と行政書士の基礎知識